EJ WORLD【第2人生スタート】~第4章~

田舎の地方公務員を早期退職し、人生謳歌中!

【年金問題】自助努力が成功への近道

f:id:kamikazejp:20220401110230p:plain

 

将来貰える公的年金が、今年も減額されることが決定しました。

国民年金公的年金ともに減額されますが、どんなに、

  その制度はおかしい

と言っても、実は何の解決にもならないのです。

 

事実を直視すれば、

  今後も年金は下がり続ける

  将来貰える年齢も上がり続ける

  現役で支払うお金も上がり続ける

ということは、少子高齢化が加速する我が国においては、

  もう周知の事実

  既定路線

という認識がなければいけません。

 

政府が悪いと嘆いている人は、

  そのとおり間違いございません

と言えますが、政府の回答は、

  遺憾です

という最近話題の遺憾砲を告げるのみで、実は何の解決もできません。

 

年金制度は、ある時期から

  現役世代が、将来の高齢者を支える

という仕組みが根底にありますが、

  現役世代の人数がそもそも足りていない

ことが分かれば、あとは算数の問題で、

  既にシステムが維持できる状態ではない

  維持するには、現役世代が割を食う

という至極当たり前なことなのです。

 

じゃぁどうすれば良いのでしょうか。

 

今回上に表記しましたが、

  儲けるには?

ということを頭の片隅に常に置いておく必要があります。

これも簡単な算数なので、

  貯金額=収入ー支出

という計算がわかれば、貯金額がどうやったら増えるのかがわかります。

 

具体的には、収入は年金、支出は生活費等と考えれば、

  貯金額=(収入ー支出)+α

という「+α」の部分があれば、必然的に貯金額が増えることになります。

 

実際のところ、貯金額が元々多く、将来にわたってゼロにならない人は、+αの部分を考える必要はありません。

そういう方は、これまでと同様に、自由に楽しい老後が待っていますのでご安心を。

 

実際会社員として、定年退職まで勤め上げた人であれば、よほどのことがなければ+αの部分は不必要な場合が多いのかもしれません。

ただし、将来の計画なしに生活を送ってきた人は、+αの部分が必要になってくるのかもしれません。

 

+αの部分は、どうしたらよいでしょうか?

まずは、日本人の特徴として、

  リスクがない状態で、安定して財産を増やす方法

を誰もが考えることだと思います。

 

実は、リスクが無いということは、

  資産の変動幅が小さい

という当たり前のことを理解することから始めなくてなりません。

この場合、コツコツと長年にわたって貯蓄できる環境があれば、

  実はそれが一番確実な方法

だと私は思います。

 

私は、少ない金額ですが、社会人の間に、コツコツと長年少しずつ貯蓄していたので、しばらくの間収入が無くても生きていくことは可能です。

ただ、もっと先の将来のことを思った場合、+αの部分が必要と感じています。

 

そのために何をしているのかと言えば、

  リスクを最小限とした儲け話がどこかにないのか

というおいしい話がどこかに転がっていないかを毎日探しています(笑)。

リスクは多少あるのは仕方ありません。

儲けるとは、リスクなしで考えるものではありません。

 

私の持論として、

  おいしい話には裏がある

  タダほど高いものはない

  何もしなければ何も事は進まない

  人の話を信用する前に、自分でまずは考えてみる

ということを常に思っているのですが、この考えが儲けに繋がれば嬉しいのですが。

 

まぁ、老後まではあっという間に時間が過ぎるので、まだ頭が回転している今から、将来に向けての

  「+α」

を考えてみようと思っています。